スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手帳について

調べてみたところ、純粋に発達障碍についての手帳はないようだ(-_-;)

まず療育手帳だが、(自治体によって異なるが)IQ70~75以上となると取得がほぼ難しい。
IQ95のオイラはそれを20以上も上回っているので、ほぼ不可能だろうなぁ(-ω-;)ウーン

残るは精神障碍者保健福祉手帳ですね。
ただ、日常生活に支障はなく、社会生活に支障を来たしているので、等級は最も低い3級だろうなぁ(^^;

今すぐに必要とは考えていないが、この仕事もうまくいかないようなら、視野に入れたいという程度。

ただ、母は手帳の取得に反対している。
「(発達障碍は)どこも悪くないのに」と言う感じですね(-_-;)

今の仕事がうまくいかなかったら、ハローワークの障碍者相談も活用してみたいと思います。

うまく纏まらなくてごめんなさい(*- -)(*_ _)ペコリ
スポンサーサイト

父系の遺伝?

父親が子供の時から変わった人だったらしい(^_^;)

父は今機嫌が良かったかと思うと、数秒後には突然機嫌が悪くなり、何も喋らなくなる。
理由は誰も分からない。

後、父は几帳面で、机の上やテーブルの上などが片付いてないと気が済まないらしい(´Д`;)

父が怒って何も喋らなくなるのは、今思えばアスペルガー症候群のパニックだったのだろうか(・・;)

親戚たちが集まると、
「N雄(父)は変わり者だ。Y子さん(母)はよく我慢してるよ」
と話題になったものだ。

そんな父親とオイラは性格がよく似てるらしい(・・;)

それと、父の親戚(父系の従兄弟)に3人程変わった人がいる。
➀子供の頃、漢字博士だったK君
②子供の頃、バキュームカーが大好きで、言動が変わっていたJ君
③挨拶が出来ないT君(この人はあまり良く知らない)
ちなみにオイラは、子供の頃『昆虫博士』でした( ̄▽ ̄;)

K君、J君、オイラは親戚中で「変わっている」と言われていた。

K君,J君,T君,そして父がアスペルガー症候群かどうかは分からない。
でも、アスペルガー症候群は遺伝の要素が強いと言う。

多分オイラのアスペルガー症候群は父の遺伝だと思います(^_^;)

ちなみに妹がいるのだが、妹の性格は母に似て、母も別に変わった人ではないので、
母と妹は定型発達者だと思います。

耳垢(みみあか)

今回の話題はアスペルガーとは関係ありません(^^;

自分の耳垢は湿っている。
いわゆる飴耳(あめみみ)だ。
うちの家族(両親,妹)は全員飴耳だった為、耳垢とはそういう物だと思っていた。

ところが、高校の生物の遺伝の授業の時、
「耳垢にはオイラのような湿った飴耳と乾いた粉耳がある」
と聞いて、とても驚いた(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!
しかも、日本人には粉耳の方が多いというじゃありませんか( ̄◇ ̄;)エッ
余談だが、飴耳が優性で粉耳が劣性だそうだ。

オイラ、今まで16年間生きてた中で、耳垢は皆湿っている物だと思ってたよ(;^_^A

これも余談だが、飴耳の人は体臭がきつく、粉耳の人は体臭が少ないそうだ。
また、耳かきは日本人の粉耳に合っているそうだ。
飴耳の人は綿棒が向いている。

皆さんも「今まで『これが常識』と思っていた」事が、実は違ったなんて事はありませんか?
また、皆さんの耳垢のタイプは何ですか?

仕事での問題

先日、主治医に仕事が決まった事を報告した。
医師「良かったね。障碍者枠? 一般枠?」
オイラ「一般枠です。」

仕事の内容を説明し、上司が仕事の指示を明確にしてくれ、時には図示してくれる事を話すと、
「それはあなたの特性に合ってますね」
と言ってくれた(*^_^*)

但し、「問題も起きている」とも話した。
地図ソフトで高速や国道を走っている車の軌跡が表示されるのだが、
「国道○号と国道×号、高速を走っている車の割合を調べて欲しい」
と指示された。
オイラはその軌跡を一本一本番号(車のシリアル番号)で抽出して、数えていた。

暫くしたら、上司が
「そうやるんじゃなくてこうやってドラッグして数を表示させるんだよ。」
と言ってきた。
「日が暮れるなぁと思った」
と言ったら、
「そう思ったら、やり方を聞いてくれ。
真面目にコツコツやるのは悪い事じゃないが、
仕事には納期も予算もあるんだから、いかに効率よくやるかだよ」
と言われました(-_-;)

オイラは反復作業が苦じゃないのでコツコツやっていたのだが、普通は(こんなに時間がかかるのは)おかしいと思うらしい(-o-;

おかしいと思わなかったのは、やはり想像力の欠如なのだろうか?(^^;

医師からも
「仕事はいかに早くやるかだよ」
と言われました(;^_^A

それからは「時間がかかる」と思ったら、訊くようにしている(^^;

今の仕事はやりやすいと思うのだが、前途多難だとも思った(;^_^A

あと一歩…

先日、友人に「15歳の時病院で自閉症を疑われた」という話をしました。
(その友人はオイラがアスペルガー症候群だと知っています)

友人は「分かる人は分かるんだね」と言ってました(^^;

で、「その後別の病院で
『こんなに良く喋るなら自閉症ではない』
と言われた」という話をした。

友人は
「(その別の病院が)あと一歩踏み込んでいれば良かったのにね」
と言ってました。

でも、それは今だから言える事であって、当時は専門家の間でも自閉症と言えばカナータイプ(いわゆる自閉症)しか知られていなかったし、アスペルガー症候群を知っている医師は殆どいなかったから、仕方がなかったかも知れません。

ちなみにその病院(自閉症ではないと言った病院)は、今では発達障碍も診る病院になっているから皮肉です(-_-;)

プロフィール

鋼鉄ガネゴン

Author:鋼鉄ガネゴン
2007年暮れにアスペルガー症候群と診断されました(^^;)

ランキング
ランキング参加してます
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

珍さん
珍さんランド 珍さん!GO!GO!
FC2カウンター
コビト時計2(着ぐるみ版)
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。